熟女と別れる時には潔く! それが基本

熟女と別れる時には潔く! それが基本

念願のセフレと付き合い始めてから、いざ別れの時がやってきて、すっぱりと関係を断ち切ることができずに悩む人が結構いるようです。

セフレとして関係をもった相手と、円満な別れ方ができない、その理由は一体どこにあるのでしょうか。

まず前提としてお話ししておきたいのは、セフレに対して過剰な期待を求めるのであれば、初めからセフレがほしいなどということを望むべきではないということです。

何事もなく、セフレとの関係を切ることができない一番の原因は、どちらか一方(主に男の側)が、相手に対して強い未練を残してしまうからです。

はっきり言って、そのことさえ自生することができれば、セフレとの関係がこじれてトラブルになるということが大幅に減少するはず。

そもそも、自分の送っている生活に何かしらの不満があるから、セフレの存在を求めたくなるわけですよね。

セフレは、結婚を前提としてお付き合いを始めるパートナーではなく、刹那的な心の支えです。

ストレス解消のきっかけとなるものです。

だからこそ、セフレに依存しすぎてはだめなのです。

セフレとはまた別に、出会い系サイトの経由でもなんでもいいので、本命か、あるいはそれに近い立場にいる異性と出会っておけば、セフレに対して剛依存症を示す心配がありません。

セフレは、遠距離恋愛の関係でも構わないのですよ。

それほど頻繁に顔を合わせていたら、そのことが原因になって近所の噂になってしまう恐れもあります。

例えば、相手が仕事の都合で自分の住む地域に出張などしてきた場合、チャンスを見計らって一夜をともにすれば、普段はなかなか会えない寂しさも相まって、不倫の炎が燃え上がるのでしょう。

断言すれば、相手に強く依存してしまっている限り、不倫相手とあとくされなく関係を断つということはできません。

いざというときにすっぱりと不倫の関係を終わらせることができる人はどのような人か、それは、セフレに対して強く依存しない人です。

タイトルとURLをコピーしました